ポケカ初心者は必見! 最新Gレギュに必須の汎用カード解説まとめ

お役立ち
スポンサーリンク

ポケカの最新レギュレーション(Gレギュ)で必須の汎用カードをご存知ですか?

今回は、デッキを何個も組みたい人にとって「こんなん なんぼあっても良いですからね」なカードをご紹介します!

ポケモンカードを始めたばかりの初心者さんは特に必見ですよ!

(最終更新:Gレギュレーション、『黒炎の支配者』環境)

 

本記事の内容

本記事の主な内容は以下の3点です。

  • ポケカのGレギュの汎用ポケモンの紹介
  • ポケカのGレギュの汎用グッズの紹介
  • ポケカのGレギュの汎用サポートの紹介

これらについて、ポケカ初心者にもわかりやすいように丁寧に書きました!  

ちなみにGレギュとは”Gレギュレーション”のことで、ポケカ『スカーレット・バイオレット』シリーズのことを指します。

汎用性の高いカードについて、拡張パックの発売が新しい順にご紹介していきますね。

『スノーハザード』『クレイバースト』

イキリンコex

『イキリンコex』
特性 イキリテイク
最初の自分の番にだけ1回使える。自分の手札をすべてトラッシュし、山札を6枚引く。この番、すでに別の「イキリテイク」を使っていたなら、この特性は使えない。

ワザ 無 きあいをいれる 20
自分のトラッシュから基本エネルギーを2枚まで選び、ベンチポケモン1匹につける。

特性「イキリテイク」によって、最初の番のみですが、手札を入れ替えて6枚も引くことができます。

いち早く手札に加えたいキーカードがあるデッキや、トラッシュのカードを有効活用できるデッキにはピッタリです。  

 

ワザ「きあいをいれる」も、基本エネルギーであれば何でもよいので、汎用性の高いことが分かりやすいですよね。

ミカルゲ

『ミカルゲ』
特性 しっこくのわざわい
このポケモンがいるかぎり、おたがいの場のたねポケモンの「ポケモンV」の特性は、すべてなくなる。

ワザ 無 ぱっときえる 10
このポケモンと、ついているすべてのカードを、手札にもどす。

特性「しっこくのわざわい」はお互いのポケモンVの特性をなくします。

Gレギュでは”ポケモンex”が主役であり、新しい”ポケモンV”は登場していないため、相手にだけ制限をかけることができます。

具体的には『アヤシシV』『ゲノセクトV』『ネオラントV』などの特性を防ぐことで、【ミュウVmaxデッキ】【ルギアVmaxデッキ】に有利に立ち回れますよ。

すごいつりざお

『すごいつりざお』
グッズ

自分のトラッシュからポケモンと基本エネルギーを合計3枚まで選び、相手に見せて、山札にもどして切る。

重要なポケモンが倒されてしまったり、基本エネルギーがたくさんトラッシュに落ちてしまったとき、『すごいつりざお』で山札に戻すことができます。

試合が終盤になるにつれて、状況におうじて役に立つカードを山札に戻すことで、残りの山札を強くする(=強いカードを引く可能性を高くする)ことができます。

勇気のおまもり

『勇気のおまもり』
ポケモンのどうぐ

このカードをつけているたねポケモンの最大HPは「+50」される。 

『勇気のおまもり』は”たねポケモン”ならつけられるので、”ポケモンex”や”ポケモンV”のたねポケモンにもつけることができます。

Gレギュのカードでいえば、『ミライドンex』や『パオジアンex』などにつけるのがオススメです。  

 

自分のポケモンが”きぜつ”させられると、相手にサイドを取られるし、自分はポケモンやつけたエネルギーなどをすべて失うしで、デメリットばかり。

『勇気のおまもり』で相手のポケモンのワザ一発で倒されない可能性があることは、かなり大きなチャンスにつながるかもしれません。

ナンジャモ

『ナンジャモ』
サポート

おたがいのプレイヤーは、それぞれ自分の手札をすべてウラにして切り、山札の下にもどす。その後、それぞれ自分のサイドの残り枚数ぶん、山札を引く。

ニュースになるほど話題になった『ナンジャモ』は、可愛いだけでなく強力なカード。  

 

分かりやすい強さとして、自分の手札があまり良くないときに『ナンジャモ』を使って引き直すことができます。

それだけでなく、相手の手札にも干渉して交換させることができるので、ドロー手段が少ないデッキに対しては特に有効です。

もともとの手札は山札の下に戻すので、相手がキーカードを持っていたならシャッフルしないと簡単には引きなおせないため、大きな妨害にもなりますね。

 

さらに、お互いにサイドの残り枚数だけ山札を引くので、相手の方が有利(=相手のサイド枚数が少ない)なら手札の枚数が減るので、逆転するチャンスが生まれます。

試合の状況をガラッと変えてしまう可能性のある、超強力なサポートカードの1枚といっても良いでしょう。

『トリプレットビート』

ボスの指令

ボスの指令
サポート
相手のベンチポケモンを1匹選び、バトルポケモンと入れ替える。

『ボスの指令』はシンプルですが非常に強力なサポートです。

  • バトル場にいる強力なポケモンをベンチにいったん下げる
  • ベンチで”特性”をはたらかせるポケモンをバトル場に呼んで倒す
  • ベンチにいるエネルギーが足りていないポケモンを倒す
  • ベンチにいる進化前のポケモンを進化する前に倒す

このように、『ボスの指令』1枚でできることは意外にたくさんあります。

上手く使うことで、戦況を一気にかえる可能性もあるサポートです。

ボウルタウン

ボウルタウン
スタジアム
おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の山札からたねポケモン(「ルールを持つポケモン」をのぞく)を1枚選び、ベンチに出してよい。そして山札を切る。

『ボウルタウン』は、山札から非ルールたねポケモンをベンチに出せるスタジアムです。

『ネストボール』と違って非ルールポケモンしか出せませんが、スタジアムがある限り毎ターン使えるメリットと、相手も使えるというデメリットが異なる点ですね。

 

非ルールたねポケモンを主体とする【ロストバレット】や、進化前ポケモンを早くたくさん並べたいデッキ(【サーナイトexデッキ】など)で採用されることがあります。

ジェットエネルギー

ジェットエネルギー
特殊エネルギ
このカードは、ポケモンについているかぎり、無色エネルギー1個ぶんとしてはたらく。

このカードを手札からベンチポケモンにつけたとき、このカードをつけたポケモンを、バトルポケモンと入れ替える。

『ジェットエネルギー』をベンチポケモンにつけるとバトル場に出すという特殊エネルギーです。

エネルギー手貼りとポケモンの入れ替えを同時に行えるため、育成中だったベンチポケモンでいきなりワザを撃つという意表を突くプレイができます。

 

入れ替え手段がたくさん欲しい【ロストバレット】系のデッキや、無色タイプポケモンを主体に戦う【白ルギア】などで採用されます。

『スカーレットex』『バイオレットex』

ネストボール

ネストボール
グッズ
自分の山札からたねポケモンを1枚選び、ベンチに出す。そして山札を切る。

山札からたねポケモンならなんでも1枚ベンチに出すことができます。

上述の『ボウルタウン』と異なり、『ポケモンex』『ポケモンV』『かがやくポケモン』などのルールポケモンでもたねポケモンなら出せるのが特徴です。

 

たねポケモンが1枚も入っていないデッキは当然ですが存在しないため、『ネストボール』の汎用性はとても高く、デッキをたくさん組もうとすると真っ先に足りなくなるカードのひとつです。

ハイパーボール

ハイパーボール
グッズ
このカードは、自分の手札を2枚トラッシュしなければ使えない。

自分の山札からポケモンを1枚選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

『ハイパーボール』は、手札を2枚トラッシュするというコストはありますが、どんなポケモンでも山札から手札に加えることができます。

進化ポケモンもサーチできる点や、手札からベンチに出す必要のある『ネオラントV』『ルチャブル』などをうまく活用できる点が『ネストボール』とは異なる特徴ですね。

博士の研究

博士の研究
サポート
自分の手札をすべてトラッシュし、山札を7枚引く。

『博士の研究』は一気に7枚も引くことができる強力なサポートです。

その代わり手札をすべてトラッシュするため、後から使いたいカードを手札に持っていても捨てざるをえないのが難点でもあります。

 

トラッシュを有効活用できる【ルギアデッキ】や、あるキーカードを少しでも早く手札にもってきたいデッキなどで多く採用されます。

(【ミライドンexデッキ】の『エレキジェネレーター』など)

ペパー

ペパー
サポート
自分の山札から「グッズ」と「ポケモンのどうぐ」を1枚ずつ選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

『ペパー』は、「グッズ」と「ポケモンのどうぐ」を状況に応じて好きに選んで手札に加えられる便利なサポートです。

”ポケモンV”を採用しているデッキの場合、『森の封印石』をサーチすることで、さらになんでも好きなカードを1枚選んで手札に加えることもできます。

ビーチコート

ビーチコート
スタジアム
おたがいのたねポケモン全員のにげるためのエネルギーは、それぞれ1個ぶん少なくなる。

『ビーチコート』は、たねポケモン限定ですが、逃げエネルギーが1個ぶん少なくなるというスタジアムです。

非ルールたねポケモンを多用する【ロストバレット】系や、逃げエネルギー1個のポケモンが多い【ミライドンexデッキ】などでよく採用されています。

最新Gレギュの必須汎用カード解説まとめ

本記事では最新であるGレギュでは必須となる汎用カードについて解説しました。

「ポケカ初心者のかたにも分かりやすく」を意識して書きました。

役に立ったと思ったらSNSで拡散していただけると幸いです。

 

記事のご感想やブログへのご意見などはTwitterからお願いします。

ポケモンカードのことなら『ポケカ方程式』をよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました